--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←読んだら押してください♪

ポルトガル併合とイベリア領地開放

2012年11月21日 13:40

12112001.jpg

歴史的事件「ポルトガル併合」に決着が。
併合回避で、混乱に乗じたオスマントルコが台頭してきた
という解釈でいいのだろうか。

どうも歴史の動きには疎いので・・・。
よくわかりませぬ(´・ω・`)
併合とは書いてないから、歴史の流れはifの世界にという感じか?

大投資戦では、3回とも終了時にポルトガル旗がたってましたし。
あれで併合されたら、更に意味不明ですものね。



12112003.jpg

結果による影響では、イベリアの領地投資可能。
また領地への投資が解禁されたようです。

イスパ領地には大砲作りのために必要な材料なんかもあったりで
軍人さんには嬉しい開放だったりするのかな。
私は特に欲しい交易品とかはないんですけども、
せっかくなので、投資に行こうかとも思ってます。

フランスに続いての領地開放。
でもね、イベリアって書いてあるの・・・。



12112002.jpg
※範囲と港数が違ってます。マディラも範囲内でポルトガル領地3港となります。

イベリアにイスパニアだけでなくポルトガルの領地もあるわけで。
なんで、大投資戦に勝ったのに領地に投資されるわけなのか。
もうわけわかめです・・・。

フランスの時は「フランスの領地へ投資可能」と国指定だったのに。
今回はイベリア全体という大雑把さ。
なんだか腑に落ちませぬ。。。

オスマントルコの脅威はイベリア全体の問題だってことですかね。
ポルトガルが勝って、イスパニアの思惑を退けたっていう単純な話じゃない。
みたいな?

結局、ポルトガルにしてみれば、併合になっても、
併合回避しても、どちらでも微妙感が残るということだったんでしょうか。
これじゃ、ただの嫌がらせのような。

まぁ、投資されても旗が変わるわけではないですし、
大きな問題じゃないとは思うんですけどね。
すっきりしない結末だなぁと思わなくもなく。

「パヴィアの戦い」でも思ったけど、
どうも歴史的事件というのはわかりにくい。
前回は参加したら、何故だかフランスをボコってたことになってたし。
今回はどっちに転んでもポルトガルとしては負けた感ありだし。
もやもやするイベントになってるような。

攻略情報なんでしょうが、何をしたら、こうなるよ、みたいな
ヒントくらいは出してくれてもいいんじゃないかなーと。
そんな風に思いました。





話は変わって。

12112004.jpg

船紋章コンテストが開催されたそうです。
期限は来年の1月8日まで。
これは期待できそうな。

服飾コンテストをみてもわかりますが、ユーザーのデザイン力はかなりのもの。
素敵なデザインが色々と応募されそうですね。
楽しみ!

腕に覚えのあるかたは、是非是非応募されてください。
私はデザイン力、センスともに皆無なもので・・・。
みなさんの作品を楽しく拝見させていただくことにします(*´ω`*)

今から楽しみでしょうがないです。
実装されたら配布されるかなー?




↑ランキングに参加してます。読んだら押してくれると嬉しいです。


←読んだら押してください♪


コメント

  1. 柊みこ | URL | -

    歴史的事件の結末がどうなるかはよくわかってはいないですが
    亡命しなくても他国領地に投資できるイベントと思ってます♪
    おかげで、マディラも含め、バルセロナ等に
    亡命の手間なく交易品を出すことも出来ましたし♪(`・ω・´)
    まあ、残念なのは時代が過去の方に進むっぽいので第5期の帽子のレシピが先送りになってしまったのが悔やまれるくらいです♪(*ノノ)

  2. キシリア | URL | JaFnjKT.

    亡命せずに他国領地への投資が出来るってのは凄いですよね。
    前回のフランス領地の時はお陰で洋服材料を買うようになれましたし。
    とても嬉しいんですが、反面その国の人にしてみたら微妙だろうなと(;´Д`)

    って、そうだった!
    読んで気づく、マディラも領地だtt・・・。
    あ、記事間違えてるわ。
    スイマセン。

    歴史的事件がifの結果になると、
    ワールドクロックが過去を指すとかいう話ですよね。
    第5期のレシピはしばらくお預けかもですね(´・ω・`)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。