--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←読んだら押してください♪

工業品対工業品で造船特需

2010年02月12日 14:55



懲りずにNPCに突っ込む。
ギリギリで間に合って、事なきを得る・・・。

拿捕されると撤退阻止されまくりだし、勝負はあっという間。
突っ込まなければいいものを。
なんでしょうね、注意力不足すぎる。

無視できるくらい強ければいいんだけども。
海事上げとかしてたら、また休止しかねないですし。
( ´ー`)フゥー...



さて、南蛮貿易。

10021104.jpg

同じ品目での交換数が変更されたかどうか実験。
今回は工業品の硫黄、石炭、木材の3種で。
アプデ前は硫黄>石炭>>木材でした。



持ち込みは長崎、造船特需中。
工業品と火器のグラフです。
赤い線は参考につけた50%ラインです。

10021102.jpg

10021103.jpg

工業品30%、火器48%くらい、差は18%

比較個数は各300樽を投入。
硫黄→種子島127樽
石炭→種子島90樽
木材→種子島31樽

アプデ前に比べたメモでは、硫黄55樽・石炭39樽。
今回もアプデ前も硫黄1.4:石炭1くらい。
なので、交易品の交換比重(?)は変わってないと思われます。
しかし、比べたのは近場の交易品ですので、一概には言えませんのでご注意を。
遠方から運んでくる交易品の価値が上がってるかもしれませんし。



10021105.jpg

比較に使った、硫黄540、石炭558、木材368を投入するとこんな感じ。
工業品と火器の差が18%でレートの低い木材がある割には交換数が多い気がしました。
造船特需だと工業品のレートが少しあがるのだろうか。
そこらへんは複垢で多数の品目を持ち込める人じゃないと
比較するのは難しそうなんで・・・。

前日、白壇を持ち込んだ時に15%差で、半数くらいの種子島だったことを考えると。。。

在庫が即時反映型のため、グラフがあくまでも目安にしかなってないので、
違う時間で比較することは何の意味もない事だとは思いますが・・・^^;
断定は全く出来ませんけれども、なんか雰囲気的に
造船特需だと工業品いいのかかなー?くらいでどうでしょうw



10021107.jpg

いつもの海域情報。
東南アジアが安全海域に。
東アジアも安全中なので、2/16までは南蛮貿易日和。
稼ぐぞー!



↓少しは参考にしてやろうボタン


ふわふわした見解ですいません^^;

←読んだら押してください♪


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。