--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←読んだら押してください♪

小袖

2010年01月06日 23:09



マハラニ洋品店においでいただき、ありがとうございます。

ジパングが発見されまして、目新しいお着物、頭飾りや帽子、靴などを
お見かけするようになりました。
私もキシリア殿からジパング渡りのレシピを3冊ほど頂きましたが、
未だに作れていないお品も多ございます。
色々と作ってお出ししたいものの、従来のお洋服との兼ね合いもございますし
何を作ってお出しするかも難しいところでございます。
もう少しお店に出せる品数が多いとよいのですが・・・。

本日はジパングで伊達政宗さまから賜りましたレシピからご紹介させていただきます。
使節団の方々が着ていたお着物とはまた違った風情がある一品でございます。


小袖♀(体装備)
レシピ:日本の衣装縫製法(伊達政宗さまからの褒美品)
「女性用小袖縫製法」(縫製8) 青苧(2)、草(15)、綿生地(15)

耐久20 防御力4 繊維取引+1
仕立て直し 3色

10010502.jpg 10010503.jpg *クリック大

ジパングでよく着られているお着物だそうでございます。
袖自体は大きいのですが、袖口が狭くなっていることから小袖と呼ばれています。
直線的に裁断された布を縫い合わせて仕立てられております。
ボタンがないため、帯という幅広なベルトのような布地を巻いて止めます。

着用するときは右側を先に、その後左側を上に重ねる形に致します。
逆にしてしまうと縁起が悪い着方になるそうでございます。
「右前に着る」というのですが、右側を前方にということではなく、
右側を先に(時間的に前に)着るという意味でございます。
着用の際は、くれぐれもお気をつけくださいませ。


10010504.jpg

お色味は全部で3色でございます。
ピンクは可愛らしく、赤はキリリとしており、黄土色は落ち着いた感じに。
色によってイメージがガラリと変わるお品ではないでしょうか。

繊維取引+1がついておりまして、オダリスクドレス以来の生産品+1でございます。
ただ、耐久が20と低いため、取引にお使いになる場合はオダリスクドレスの方が
使い勝手が良いかもしれません。

小袖のお足元には草履、藁草履がお似合いになるかと存じます。
私が履いておりますのは草履でございます。
また、頭はジパング風の髪型に変わる「螺鈿のかんざし」を着用しております。
かんざし系はどれをつけても同じ髪型になります。
見た目の違いはかざり部分の色だけだと思われます。


小袖は殿方用もございます。

10010505.jpg

小袖♂(体装備)
レシピ:日本の衣装縫製法(伊達政宗さまからの褒美品)
「男性用小袖縫製法」(縫製8) 青苧(2)、草(15)、綿生地(15)

耐久20 防御力4 酒類取引+1
お仕立て直し 3色

10010506.jpg

殿方用は、どのお色味も深みのあるシックな仕上がりでございます。
またご婦人用と違い、帯部分が紐状のものになっております。
こちらは酒類取引+1でございます。
生産品のお着物としては、初めの酒類取引ではないでしょうか。

今まではジパングブームで、お値段を少々お高く設定していても飛ぶように売れており、
作るのも追いつかない状態でございました。
しかし、レシピを入手された方も増えてきたようですのですので、
そろそろ値段を下げようかと思っております。

殿方用ご婦人用共に、青苧(あおそ)というジパングの繊維を使っております。
使う量は少ないのですが、ジパングの交易品は物々交換のため、
思うような量が手に入らないことも多いそうでございます。
入荷が不安定な材料は管理も難しく、そのせいもあって
小袖のお値段をいくらにするか思案中でございます。
どれくらいが相場になるのか、他店との兼ね合いもございますし・・・。

今回、ご紹介した小袖は生産品でございます。
ジパングの道具屋にも小袖が販売されております。
そちらは取引+1がついておらず、お色味も1色のみでございます。


以上で、小袖のご紹介を終わらせていただきます。
またのご来店、お待ち申しあげております。
マハラニ洋品店でした。


10010507.jpg
海域情報でございます。
東アジアが安全海域になっております。
南蛮貿易、頑張ってくださいませ。


↓宜しければ押して頂けると幸いでございます。


いつもありがとうございます。

←読んだら押してください♪


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。