--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←読んだら押してください♪

バビロニアのお洋服を求めて

2014年12月06日 23:16

DOL_201412061713081ae.jpg

Chapter4で新服きてたよ!
街で着てる人をみかけて突撃してみました。

とっても快く教えていただきました。
ありがとう、ありがとう。
早速、旅立つことにしました。


「紀元前」称号をつけてバスラへ行くと。
道具屋に新服でてたー!

DOL_20141206163430a97.jpg

服2種、頭と靴が1種づつ。
お値段もお手頃。
難点はここまで遠いことくらいか・・・。


DOL_20141206164144670.jpg

こちらがバビロニアンチュニック。
男女兼用です。
ちょっとぺたっとした感じですね・・・。
平服だもん、仕方ないよね。

んで、もう1着。

DOL_20141206164400773.jpg

こちらは女性専用のバビロニアンドレス。
しゅっとしたデザイン。
細身の女性に似合いそうです。

どちらも緑を基調にしたお洋服。
色変えは出来ませんでした。
全くブーストはついていなかった。
完全なるおしゃれ着の模様。


さて、本命の!
レシピはこちら。

DOL_20141206164845014.jpg

DOL_201412061650358b0.jpg

材料のほうは。

「バビロニア平服縫製法」 ペルシャンベリー15、綿生地30、ししゅう糸5
「バビロニア婦人服縫製法」綿生地35、金細工5、金糸10
「バビロニアの履き物の製法」皮革25、革ひも15、ししゅう糸5
「バビロニアの頭飾りの製法」金細工5、銅25

材料は難しいものは無い感じ。
必要縫製、工芸ランクも高くないので、作りやすい部類かと思う。
が、しかし!
固定レシピなのを考えると・・・。

なにせ欧州から遠すぎる。
さて、どうするかなー。
ペルシャンベリーと皮革・革ひもはここで買えるけれど。
他の材料がなー。
リスボンに帰れば銅以外はある。

でも、また来るの面倒くさい。
どうにか材料を調達できないか!

ピンときた。
金細工とか作ればいいんじゃね!?

DOL_20141206175135698.jpg

行ける!行けるぞ!!!

砂金と木材で金細工。
銅鉱石から銅。
綿花から綿生地。

全部の材料が揃うね!
って、ことで次の日に持越し。
時間切れでしたw

続きは明日。



←読んだら押してください♪


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。