--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←読んだら押してください♪

マオリドレス

2011年05月17日 12:19



マハラニ洋品店においでいただき、ありがとうございます。

気になるイベントがございますので、ご紹介いたしたいと思います。
CAFE-de-Genova創立祭りが6/4と6/5にチュニスにて開かれるそうでございます。
「ちょうはんばくち」や商会員さんのバザー、「ダイスくじ」などの
催しものが開かれるとのこと。

そして一番のポイントはっ!
「淑女の皆様には男性商会員が正装しておもてなしをさせて頂きます」
ここでございますね。
どんなおもてなしなのかドキドキでございます。


さて、本日ご紹介させていただきますのは
オセアニアのお洋服、マオリドレスでございます。


マオリドレス♀(体装備)
レシピ:オセアニア衣装縫製法(ワンガヌイ投資報酬:2M、カカドゥ投資報酬:2M)
「マオリドレスの縫製法」(縫製13) 麻生地(30)、樹皮(20)、黒粉(5)

耐久30 攻撃力12 防御力6 変装度10 必要名声5900 突撃+1
仕立て直し 2色

11051702.jpg 11051703.jpg *クリックで拡大

麻(flaxという植物)で編みこまれた模様が特徴かと存じます。
お洋服のシンプルなデザインが、幾何学的な模様を引き立てております。
のれんのようなスカート部分がpiupiu、胴衣の部分をpariと言うそうでございます。
スカート部分は男性も同じ作りになっております。

腕部分にはモコというマオリ族の刺青が施されております。
マオリ族は刺青をいれる事によって、身体の中に精霊が宿ると考えているとお聞きしております。
模様には身分や集落によっても違い、顔にもモコを施すそうでございます。
女性は下あごから唇にかけて入れるのが一般的なようでございます。

しかし、このお洋服では飾りの一種として施されているため、モコも腕のみとなっております。
さすがに顔は痛そうでございますし・・・。
ファッションポイントの一つとしては腕で充分でございますね。


11051704.jpg *クリックで拡大

お色味は2色。
草の色が鮮やかな緑と少し風合いが出てきた茶系となります。
若々しい緑は小さい方や中背の方によくお似合いになり、
茶系のものは落ち着いた雰囲気なので、どの体型の方にもお勧めできます。
当店では全年齢向けとして、いつも茶系のお色味でお出ししております。

襟元にはアクセサリがついており、ワンポイントとなっております。
シンプルな中にも複雑な模様やモコ、アクセなどがついているため飽きのこない
デザインになっているのではないでしょうか。


以上で、マオリドレスのご紹介を終わらせていただきます。
またのご来店、お待ち申しあげております。
マハラニ洋品店でした。



11051705.jpg

海域変動と開拓地の情報でございます。
情報提供元はこちら749さんとなっております。
ありがとうございます。




↑ランキングに参加しております。宜しければ押して頂けると幸いでございます。


←読んだら押してください♪
スポンサーサイト

ルングスドレスと巨鳥の羽飾り

2009年05月14日 22:45


マハラニ洋品店においでいただき、ありがとうございます。
本日はルングスドレスと巨鳥の羽飾りをご紹介させていただきたいと存じます。
キシリア殿が採集修行のためよく着られておられる組み合わせでございます。
ただし、巨鳥の羽飾りにつきましては縫製品ではなく、採集+1のついたものをご使用のようです。
(採集ブーストが付加されている巨鳥の羽飾りは、ニューイヤーボックスorオセアニア奇襲NPC漂船襲撃団ドロップとなります。)

まずは、ルングスドレスをご紹介させていただきます。


ルングスドレス♀(体装備)
レシピ:東南アジア女性衣装縫製法(ヤーデイン投資報酬:2M)
「藍染ルングスドレスの製法」(縫製14) インド藍(20)、麻生地(30)、真ちゅう(20)
「草染ルングスドレスの製法」(縫製14) 巨大な葉(40)、麻生地(30)、真ちゅう(20)
「茜染ルングスドレスの製法」(縫製14) インド茜(20)、麻生地(30)、真ちゅう(20)

耐久35 防御力8 採集+1 必要名声6000 ♀用
仕立て直し3色

09051302.jpg 09051303.jpg *クリックで拡大

東南アジアのボルネオ島、ブルネイから更に北東に進んだ土地に住むルングス族の民族衣装でございます。
ルングス族のビーズ細工は美しい事で有名で、その模様ごとに意味があるそうです。
肩から掛けられている飾りは、その有名な手編みのビーズ細工になっております。
また、腕と足につけた真ちゅうのリングも特徴的でございます。
とても重そうではございますが・・・。

09051304.jpg *クリックで拡大

ルングスドレスも東南アジア女性衣装縫製法で作られたお洋服でございますので、材料が異なる服でも仕立て道具を使うことにより他の材料を使ったお色に変更する事が出来ます。


次はこちら。
巨鳥の羽飾り(頭装備)
レシピ:オセアニア衣装縫製法(カカドゥ、ワンガヌイ投資報酬:2M)
「巨鳥の羽飾りの製法」(縫製11) 羽毛(20)、皮革(10)、樹皮(10)

耐久30 変装度10 防御力8 必要名声2400
仕立て直し3色(お色は上記ルングスドレス画像参照)

09051305.jpg

先ほど申し上げましたとおり、縫製品には採集などのブーストは付いておりません。
こちらは非常にボリュームのある、大きな頭装備となっております。
女性用であれば、ドーバなどの野趣溢れるお洋服と合わせられるとお似合いになるかと存じます。
着用に性別制限がないので、殿方にもお勧めの頭装備となっております。


以上で、ルングスドレスと巨鳥の羽飾りのご紹介を終わらせていただきます。
またのご来店、お待ち申しあげております。
マハラニ洋品店でした。
←読んだら押してください♪

ドーバ

2009年05月06日 15:12

09050501.jpg

マハラニ洋品店においでいただき、ありがとうございます。
キシリア殿が「オセアニア衣装縫製法」を手に入れられ、オセアニア服の入荷がございました。
その中からドーバをご紹介させて頂きます。
先日行われましたリスボン教会前のライブでお目にされた方も多いかと存じます。
殿方の視線は、ドーバを着用されたお嬢様方に釘付けでございました。


ドーバ♀(体装備)
レシピ:オセアニア衣装縫製法(カカドゥ、ワンガヌイ投資報酬:2M)
「ドーバの縫製法」(縫製12) 草(20)、麻生地(30)、樹皮(20)

耐久35 変装度15 防御力8 採集+1 必要名声6200
仕立て直し2色

09050502.jpg 09050503.jpg *クリックで拡大

カカドゥの北、ニューギニア島の東側に位置するトロブリアンド島の民族衣装でございます。
腰に巻いたスカートの形も特徴的ではありますが、露出部分が多く、特に胸元が大胆なデザインになっております。
アクセサリーで若干は隠されておりますが、胸元を覆う布自体は少なめでございます。
そのため胸の下部が見えております。
激しい動きをされる際はご注意が必要かと存じます。

09050504.jpg *クリックで拡大

草や樹皮を使った衣装のためか、お仕立て直しのお色は2色しかございません。
頭につけておりますのは、先日もご紹介いたしました「月桂冠」でございます。
同じオセアニア衣装の「マオリの羽飾り」もお似合いになると存じます。
「巨鳥の羽飾り」と合わせられますと、更に野趣溢れたコーディネイトになるのではないでしょうか。


またのご来店、お待ち申しあげております。
マハラニ洋品店でした。

←読んだら押してください♪


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。